株式会社パムズ

RULE

第1章 総則 第1条 目的 本会が開催する大会の参加者は、スポーツマンシップに則り、公平に競技を行うこと。
第2条 法律の遵守 法律および条例、社会的秩序を守り、開催される海および大会の規定に従い、安全を心掛けること。
第3条 責任 トーナメント中の事故、障害、盗難等については参加者個人の責任とし、主催者およびスポンサー等に対して、一切責任を問わないものとする。
第4条 競技規定の変更 ・この競技規定は、必要に応じて主催者の審議を得て、変更することができる。
第5条 違反の審議 ・競技規定、審査規定に違反した参加者は失格処分とする。
・違反の決裁および審議については、全て主催者によって判断、決定されるものとする。
第6条 出場資格 ・年令が18歳以上であり、同意書に署名、捺印し提出したもの。
(未成年は、保護者の同伴を必要とする。同意書はFAXにて大会事務局に送付することとする。)
第7条 出場資格の取り消し 主催者は、以下の事柄に違反した者に対して参加資格を取り消すことができる。その場合、主催者は、参加を取り消した旨を該当する者に適時通達する。
・体調不良および素行不良、タックルの安全性等に問題がある者
・競技中、明らかに危険な行為に及んだ者
・ 釣り人としてのマナーが守れない者
・主催者に不利益となる行為を行った者
・嘘の申請を行った者
・その他、参加者として不適当な者
第2章 競技規定 第1条 先行者の優先
先行者(トーナメント参加者以外を含む)の許しを得ない限り、釣りをしている人にむやみに近づかないこと。 ポイントにおいては先行者優先となります。
第2条 自然保護の原則
1.あらゆる手段において釣り場の造成、破壊をしてはならない。
2.釣った魚を元気に生かすように最大限努め、魚や生物を虐待しないこと。
3.ゴミ等については、原則として持ち帰り各自で責任をもって処分すること。
第3条 対象魚
1.検量の対象となる魚種は、全長60cmを越すシーバス(スズキ)とする。
2.他の魚種については、検量の対象としない。
第4条 釣法
1.ルアーフィッシング及びフライフィッシングに限る。
2.生き餌・魚皮の使用禁止。
3.魚を故意に引っ掛けてはならない。
4.フローターやボート、渡船などは認めない。
5.往来する交通機関や第三者への妨害となる場所、危険とされる場所
(橋の上等)及び釣り禁止の場所での釣りは禁止とする。
6.立ち入り禁止区域、私有地、また閉鎖された区域への乗り越えなど法に触れる行為は禁止とする。
7.ウェアー等 トーナメント競技中、安全のため帽子、ライフジャケットを着用すること。
※上記に違反したものは失格とする。
第5条 タックル
1.ロッド、リール、ルアーなどについては原則として制限しない。
2 ルアーのフックはバーブレスが望ましい。
第6条 エリア
エリアは、当大会規定によるものとし、当大会ホームページにて発表する。
追波川から旧北上川の区間内とする。
第7条 プラクティス
主催者は、プラクティスについて特に制限しない。
第8条 細則
1.表彰式を欠席した選手の成績は除外される。
2.何らかの理由により参加が不可能な場合、事前にその旨を事務局へ連絡すること。
3.何らかの理由により途中棄権する場合、事務局にその旨を申告しエントリーカードを返却すること。
4.検量が終了した魚は蘇生し、速やかに放流すること。
5.デッドフィッシュを放置せず、参加者が責任を持って持ち帰り処分すること。
6.フィッシングエリアは随時発表するが、そのエリアに問題が発生した場合等、実行委員長の判断により、禁止エリアの追加を決定し発表する。
第3章 審査規定 第1条 規定匹数と体長制限
1.ルアーフィッシングによって釣り上げた対象魚(シーバス)1匹の最大全長とする。
2.検量の対象は生魚1匹とする。
3.申告できる最低体長は、全長で60cm以上とする。
4.検量した結果、1cm未満は切り捨てとする。
第2条 検量 参加者は、次により検量を行う。
1.参加者は検量の対象となる魚を釣った場合、第三者にて魚体の確認と検量をする。
2.検寸は魚の口を閉じた状態での全長とする。
3.釣果報告は下記4項の条件を満たした状態にて、デジタルカメラで撮影した画像を検量魚とする。
4.添付された画像が以下の条件を満たしていない場合は計測対象外とする。  
・魚体を左向き(背中上、腹下)にした状態で撮影されている  
・魚の口が閉じている  
・対象魚の口からボガクリップ等の装着・ルアーが外されている  
・メジャー・使用したルアー・発表されるキーアイテムが写っている  
・メジャーの数字が明確に判別出来る
第3条 上位規定 合計全長が同数の場合は、2尾目以降のサイズによる判定。
以上

POINT

大会趣旨 地元石巻市の釣りを通じた地域振興とアングラー同士の交流、またキャッチアンドリリースを前提としたスポーツフィッシングの魚種保護の考え方、協力理解を多くの釣人に広めるべく企画致しました。
主催 ハンドメイドルアーファクトリー オライノ
協賛 ピュアフィッシングジャパン ジャクソン エクリプス ハルシオンシステム がまかつ シマノ モビーディック アングラーズデザイン オーシャンルーラー DRESS 邪道 上州屋新石巻店 ジャンプライズ グローブライト アムズデザイン
BLUE BLUE ヘビーソース DUO アングラーズリパブリック RAPARA ヤマリヤ ima NABLA(順不同)
後援 シーバスマガジン 三陸河北新報社 釣り河北 コスミック出版 (順不同)
大会日程 平成29年9月30日(土)17:00開始 ~ 10月1日(日)7:00終了 スタートフィッシング18:00 ストップフィッシング5:00(帰着5:30まで)
開催場所 河北町ビッグバン裏 追波川河川敷公園
参加資格 1チーム2人以上5名までの18歳以上の男女。(未成年者は保護者の同伴が必要) ※ライフジャケット、帽子の着用義務となります。
参加費用 3,000円(保険料・参加賞含む)当日現地徴収となります。
エントリー方法 インターネットによる、申し込みのみとさせて頂きます。 下記の項目を入力の上、メール送信ください。 公式ルールページ参照の上、エントリーください。

大会お申し込みまたはキャンセルはこちら

対象魚 全長60センチ以上のシーバス(オールキャッチアンドリリース) シーバス1尾の全長となります。
大会エリア 旧北上川~追波川エリアの間に限る。

【詳しいMAPはこちら】
禁止エリア 私有地、橋の上、工事区域、立ち入り禁止区域全般
必需品 携帯電話(解像度1280px)以上又はデジタルカメラ。 (検量は写真にて行ないます)
その他 大会開催・中止の判断は前日9月29日13:00に決定致します。 万が一、中止・変更の場合は参加者代表にご連絡させていただきます。
ご挨拶 前回はスペシャルゲストとして、今回多大な協賛をいただいたエクリプスのニンベン氏とアイマ、エクリプス、リアスフィールドテスターの川上靖雄氏が、お忙しい中駆けつけてくださいました。

宮城では、なかなかメジャーなアングラーとフィールドで触れ合う機会が少ないので 出場者も勉強になったと事だと思います。

決して良いとは言えないコンディションの中、当初予想された釣果以上の結果にスタッフだけでなく出場者も驚いていたと思います。 偏に、出場者のスキルも年々上がってきた結果といえるでしょう。 最後に総勢140人を超える出場者、スタッフにけがや事故がなく終了したことや、 協賛メーカー様に感謝をし、本年2017年も前回以上に盛り上げていきたいと思います。

大会運営責任者 村岡 博之


ACCESS

会場住所

  • 〒986-0102 宮城県石巻市成田小塚裏畑54(大会本部は河北総合センター裏手土手広場になります)
  • TEL: 090-8921-4267(村岡)
<大会会場>
河北総合センター(ビッグバン)裏 追波川河川敷公園
<タイムテーブル>
16:00 受付開始
17:45 開会式
18:00 スタートフィッシング
19:00 検量受付
05:00 ストップフィッシング
06:00 表彰・閉会式

PAGE TOP